PTAについて深く考えてみた~~
PTA関連で調べて深く考えてみたことを、つれづれ書きます~~できるだけ穏やかに(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本部役員さん、校長先生へのお手紙その1
PTAをやめるときに、本部役員さんと校長先生へあてた手紙を転載します。
全部で3つあります。

ただし、ネット公開したら問題がある部分などは、削除・修正をしてあります。


それにしても、、、

PTAを辞める理由など、最初の頃と、ちょっと、ちがってきていますね~。

やっぱり、いろんな立場の人の意見を聞いて、わたしも、考え方が変わってきたということでしょう。


よく書けているとおもいますので、よかったら、ごらんください。m(__)m


********


あれからも、少し考えましたが、やはり、PTAは辞めさせていただきたいのです。

理由は「考え方が合わないから」です。

わたしも、PTAの方々も、目的は「学校の先生と保護者と子供の幸せとよりよい環境作り」ということで合致してはいるのでしょうが、そこへ至るためにどうすればいいのかという考え方が、まるっきり違うようなのですね。
こういうことって、世の中ではよくあることだと思われます。

そして、考え方があまりにも違う団体に所属するのは、私にとっては、あまりにも辛いことです。

私には私の考え方があり、良心やポリシーの形があります。それに逆らうことになるのは、辛いのです。
PTAの方々も、自分の考え方・良心に逆らうようなことをするのは、とても辛いことなのではないでしょうか。

そして、人それぞれの考え方の形があるということです。それぞれに、正しいのだと思います。

自分の考え方からすると、「単にさぼりたいだけ」「やる気がない」「逃げている」と思える人も、その人にはその人なりの考え方なり事情があるのでしょう。本当に単にさぼりたいだけなのだとしても、いまはお仕事も家計のやりくりも大変厳しい時代ですし、人間には、ほっとする時間も必要なのです。それはそれで、かまわないのではないでしょうか。

自分の考え方が絶対ではありません。
特に最近は価値観も多様化しているのですから。


自分の考え方が正しいと思うあまり、他人にまでその考え方を押しつけるほうが問題だと思われます。


それをわかっていただければ、幸いです。

わたしの考え方につきましては、このあいだお話させていただきましたが、より詳しくは、以下のブログに書きました。私が書いているブログです。これからも、ゆっくりペースでちょっとずつ、更新していく予定です。

PTAについて深く考えてみた~~
http://advgame.blog60.fc2.com/
(注:このブログのことです(^-^)v)


お忙しいようですし、読んでいただいても、読んでいただかなくてもかまいません。

わたしはわたしで、自分の価値観を無理に押しつける気もありません。

ただ、「こういう考え方をしている人もいるよ」ということを知っていただきたいだけなのです。

もちろん、「単にさぼりたいだけ」と見えてしまう方も、ちゃんとその人の考え方があるのでしょう。どんな人だって、自分の子供は可愛いはずですし、自分が住む地域がより良くなることには賛成だと思います。

考え方は違えど、目的はみんな一緒のはずですので、お互いにお互いの考え方を尊重しながら、それぞれの活動を応援しあっていければ、最高ですね。
互いにイガミあったり、批判しあっていたら、それこそお互いのマイナスにしかならないと思います。
やはりお互いの活動を、応援しあっていくのが、より良い形でしょう。ときには、柔軟に、協力しあっていければいいとも思います。
みんな、がんばっていることには、変わりないのですから。

懸念していただいていた「任意加入の世帯の子供の扱い」についてですが・・・

「その家庭は非加入世帯であっても、子供は全員受益者扱い。ただし、実費は、保護者に出してもらう場合もある。」

というのが、お互いに気が楽でいいような気がします。

『みんなのPTAを探して』 : 第18回 カワバタ私案を発表します
http://minnanopta.seesaa.net/article/83900966.html

の以下の文を参考にしてください。
(転載貼り付け始め)
 まず、PTAがなくなったり、脱退者が続出したりするのではないか、ということ。これについては、はっきりとノーと言える。実際にはPTAはそう簡単になくならない。現にPTAの3割は任意加入をうたっているという調査結果もある(『おそい・はやい・ひくい・たかい』第10号 2001年2月)。任意加入にしたくらいで成り立たなくなるほどPTAはやわではない。

 また、もう一点、よく聞かれるのは、PTA会費から出ている記念品などの問題だ。入学式や運動会の時にPTAがプレゼントを用意するのはよくある話。では、会員ではない保護者の子にもそれを与えるべきか。

 正解は、「PTAはすべての児童のための活動なのだから、会員の子、非会員の子、どちらも区別せずに与える」だろう。「自分の子どもが元気であるためには、『隣の子』にも元気でいてもらわなきゃ」という発想が原則だと思う。とはいえ、実際問題としては、実費だけを非会員の親から出してもらう、という例も多いと聞く。そのあたり、柔軟にやればいい。
(転載貼り付け終わり)

なお、非加入世帯の子供の扱いについての考え方は、

PTAと強制(?)加入 - 今年もかいちょー? - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/kaichoh/diary/200607170000/

のコメント欄が、特に参考になると思われます。

6年間PTA会長をやってらっしゃる方のブログですね。
(転載貼り付け始め)
 たとえば、保護者の100人のうち5人が集まってお金を出し合い、その5家庭の子どもたちだけのために遊びの会を開いたり、卒業祝いを贈ったりする。
 そんな会があってもいいけれど、それが全家庭に募集案内を出し、学校を舞台にPTAを名乗って活動するなんてのは、ちゃんちゃらおかしい。

 5人の保護者が、100人の子どもたちのために何かをするのであれば、それは素晴らしいPTA活動たりえるでしょう。

 5人が99人になっても同じこと。子どもをひとりでも対象外にしてしまえば、その瞬間に、その会は「有志が集まって勝手にやってることで、学校教育とは無関係」になると思います。

 給食費未納の問題について論じたときも、「給食費払わないなら子どもに食べさすな」な考えがけっこうあることに驚きました。
 学校はいつから託児企業になっちゃったの?
 親がどうであれ、家庭がどのようであれ、等しく教育を与える。親から給食費をキリキリ取り立てるのは構わないけれど、子どもに給食与えないのは、「親がダメダメなので、あなたには教育しません」って言ってるのと同じだよね。
 PTAだって、学校を舞台に、すべての子どもたちのために頑張るんだ。それでなきゃ意味ない。そうでないPTAなんてぶっつぶしちゃえ。

(中略)

>加入しない世帯の児童はPTA活動の対象から当然除外するべきですし、事業そのものも「全校児童対象」と最初から名乗らず、「PTA会員の」とするべきでしょう。

「子ども会」なんてのがそれに当たるわけですよね。そういう活動も当然のように行われているわけで。
 でも、PTAはそれとは目標の違う組織ですから。
『信仰とか信念の問題』なんてバイアスのかかった言葉を使われても困っちゃいます。設立の目的が全児童の幸福を目指す組織ですので(しかも、それはPTAの目的のひとつでしかありません)。

(転載貼り付け終わり)

参考にしてください。

じっさい、どのように対処されるかは、お任せいたします。

話はとびますが、このあいだは、PTA執行部のお仕事の様子を見学させていただき、ありがとうございます。

想像以上に、皆さん、とてもお忙しそうでしたし、真剣に話し合っておられたので、びっくりしました。感動すらおぼえました。
このようなことは、よほど熱心で、ある意味、使命感をもった方でないとできないことでしょう。

ご多忙の中、拙宅までおいでくださって、話を聞いていただいたことも、うちの子供のPTA主催行事参加状況の安否を第一に案じてくださったことも、誠に感謝します。

わたしは非加入者となりますが、加入者の皆様と共に、夏祭りや、簡単なお仕事のお手伝いくらいは気軽にさせていただけるといいなとも思いました。

今回、PTA関連で、色々な人にお話を聞く機会をいただきましたが、本当に様々な価値観があるのだということに気づかせてくれました。とてもいい社会勉強になったと思っています。

わたしはわたしで、子供たちのために、また地域の人々のためにも、平和活動・環境浄化活動を続けてさせていただきたいと思っています。
具体的には、環境浄化の定番とまでいわれるEMの勉強と培養、「本物」「イヤシロチ」などの勉強および実践、ベンジャミン・フルフォードさん・きくちゆみさんなどがやってらっしゃる911の疑惑解明や啓蒙活動・支援活動などを、すこしずつですが、やらせていただいてます。
自分にとって、本当に意義があると思える活動をやらせていただいていることは、わたしにとって、深い喜びでもあります。皆様の支援あって、またご縁があって、やらせていただいていることとして、本当に感謝しています。
もしよかったら、興味をもっていただけたり、ご協力いただけると嬉しいです。

皆様のますますのご多幸を祈ります。

感謝と祝福をこめて。

スポンサーサイト
本部役員さん、校長先生へのお手紙その2


PTAをやめるときに、本部役員さんと校長先生へあてた手紙その2です。

********
PTA本部役員の方々や校長先生には、このあいだは、お時間をとっていただき、また真剣に話を聞いていただき、ありがとうございました。

いろいろありましたが、やはり、PTAは辞めることにいたします。勝手なお願いですが、お許しください。

辞める理由は、前のお手紙にも書きましたように、「考え方が合わないから」です。

いまのPTAの方々にとって、価値あることが、私には価値があるとは感じられません。逆に、私にとって価値があると感じられることは、PTAの方々にとって、価値がないと感じられるかもしれません。

PTAの方々にとって、意義深く感じられることが、わたしにとっては、意義を感じられないのです。わたしにとって、意義深く感じられることが、多くの人にとっては、意義を感じられないのと同じです。

赤が好きな人がいれば、青が好きな人もいる。緑を好きな人もいる。好みの違いです。

このように、価値観・好みの違いがあることは、多様性があるということは、むしろ、自然なことです。歓迎すべきことです。みな同じだというほうが、不自然でしょう。


たんに、わたしにとっては、いまの小学校のPTA活動に意義をあまり感じられないから、辞めるということです。

人間にとって、意義を感じられないことをするのは、結構、苦しいことなのです。それなら、もっと、自分が意義のあると思うことに、注力したいのです。

たとえば、「子供と時間を共に過ごす」「お仕事をする」「ほかの意義を感じる団体に所属して活動する」などに、個人的意義や社会貢献的意義を感じられる方もいるでしょう。それに意義を感じる人は、そちらに注力したほうが、それぞれの自主性にお任せしたほうが、結果的に、社会全体の総合利益は、大きくなるのではないでしょうか。

いままでPTAの諸問題について、言及してきましたが、辞める理由は、PTAに問題があるから、ではありません。
誰かを責める気はありません。誰が悪いわけでもないと思っています。むしろ、みなさん、一人一人、とてもがんばってらっしゃると思っています。

問題・欠点があるからといって、特定の個人なり団体なりを否定するつもりはありません。どんな人にも組織にも、欠点は必ずあるものです。わたしなども、欠点だらけです。

大きな問題があるからといって、その団体が嫌いになるということはありません。PTAは別に嫌いではありませんし、否定する気もありません。わたしのあげた諸問題を、すぐに直していただこうという気もありません。ずっと直していただかなくてもいいとさえ思っているくらいです。ものごとは、ちゃんと、良くなるように、できていると思っているからです。必要な時がくれば、自然に変わるだろうと思っています。逆にいうと、必要な時がこなければ、変えようとおもっても、なかなか、変わらないものなのでしょう。

ただ、わたしが疑問をあげることで、皆さんにとって、なにか考えるきっかけづくりになればと思いました。

個人個人が考えていかなければ、なにも始まりませんから。

「PTAに不満があるなら、内部から変えるのはどうだろう?」

というのは、何回も考えたことがあります。

しかし、それは、私の価値観を、他人(PTAの方々)に押し付けていくことにもなりかねないと思いました。

自分の考えを押し付けたいわけではなく、一人一人が、お互いの価値観を互いに尊重する関係をつくりたいのです。

赤が一番好きな人も。青が一番好きな人も。黄色が一番好きな人も。
それぞれが、「自分の好きな色が一番だ!」と言い合うのではなく、、、「自分の好きな色は、もちろんとてもステキだ。でも、あの人が好きな色も、きっと、とっても価値があるんだろうな。」と、尊重しあう関係をつくりたいということなのです。

表現が難しいですが、わたしの言いたいことが、なんとなくでも、わかっていただければ、幸いです。


ちなみに、自治会のほうにも、「任意加入であることを明言してほしい」と会長のほうに言ってます。しかし、それが通らなくても、自治会の活動は、まだ、私にとって、意義を感じられます。それに、負担も、ずっと少ないです。そのような会であれば、たとえ問題があっても、続けやすいです。

それに、、、自治会は教育団体ではありません。学校やPTAは教育機関であり、教育団体です。教育団体なのに、個人の知る権利や選択する権利を認めないのは、やはり、その団体自体の意義を、大きく損なうように感じられます。


というわけで、わたしが辞める理由は、個人的な価値観の問題であり、誰が悪いわけでも、PTAが悪いわけでもないということです。

PTAは、ある人々にとっては、大変価値のあるものであるからこそ、いまでも、存続しているのだと理解します。だれか一人だけにとってでも、価値があるなら、それは、すばらしいものなのだろうと思います。その人にとってだけでも、必要だから、存在している。それは、すばらしいことでしょう。


単一価値観でないと、和が乱れると思われる方もいるかもしれません。しかし、価値観が多様なことのほうが、自然なことであり、それを無理に単一価値観におしこめようとするから、かえって和が乱れるのだろうと感じます。

すべての人が、自分の価値観を、そして周りの全ての人の価値観を、許しあい、違いを認めあい、尊敬しあうことができたなら、、、どんなに住みやすい社会になることでしょうか。とても温かい人間関係です。そこは、もう、天国といってもいいくらい、いい社会となるでしょうね。

そのような社会を夢みています。

おそらく、近いうちに、一波乱きたあとで、そのような社会になると感じています。(わたしがそう思っているだけですが(笑))

それはともかく、本当に、関わる人みんながハッピーになれるような団体、みんながハッピーになれる社会になるといいですね。

まず、夢みることから、はじめたいと思います。

目指すところは、わたしも、PTAの方々も、ほかの方々も、同じだと思われます。
ただ、価値観が違うだけです。
協力しあえたら、いいですね。

ほんとうに、ありがとうございました。

感謝いたします。


本部役員さん、校長先生へのお手紙 まとめ


最後になりました。

********

「人間の器とは、他者に対する弱点の許容量で決まる」


と私は思っています。




どれだけ他人の欠点・弱いところに寛大であるかということですね。

これは、わたしの尊敬する方の、受け売りですけどね(笑)。


それに、私自身、あんまりできてないことでもあり、えらそうにもいえないわけですが(笑)。

自分の欠点・弱いところにも、寛大であるほうがいいとも思います。
これは、自分勝手ということではありません。
自分に優しくできる人でないと、なかなか、他人には本当の意味で、優しくなれないと思いますから。

みてたら、自分に厳しい人は、他人にも厳しいですよ~。自分に優しい人は、他人にも優しいです。ほんとに。


今回の件で、言いたいことは、この冒頭の一文に集約されています。

よろしければ、この言葉の意味を、考えてみてください。

おねがいいたします。m(__)m


現金寄付かボランティア活動か選べるようにしてみては?
PTA - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/PTA

によりますと、


アメリカでは、一部、ボランティア活動と現金寄付のどちらかを選択できる学校があるようです。

このようなシステムにすると、専業主婦さんとお勤め主婦さんの間の不公平感がやわらぎ、いいかもしれませんね。(^-^)o

お金も、とっても、大事ですもんね。

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

それぞれの得意なことがあるんです
泳ぎの得意な人もいれば、泳げない人もいます。

ピアノが得意な人もいれば、そうでない人もいます。

ひとづきあいが得意な人もいれば、極端に下手な人もいます。

本を読んだり考えたりすることが得意な人もいれば、そんなことは全然ダメ~という人もいます。

Aさんに簡単にできることでも、Bさんには無理なんです。

そこは、わかってほしいのです。

それぞれの、得意分野があるのですね。




ところがところが!

日本は特に謙虚な人が多いので、、、

「わたしにできることだったら、だれだって簡単にできちゃうわよね。」

なんて思い込んでいる人が多いのです~!!(хх)




自分の長所って、自分では、なかなか、わからなかったりするもんですよね。(^-^;)

たとえわからなくても、、、


じっさいには、


あなただからこそ、「それ」が、
簡単に、楽しく、息をするように、できちゃってたりするんです!!

たとえば、ご近所の方々などは、ひとづきあいが得意なようです。おしゃべりも、すっごく楽しいようです。
でも、私は、すっごく苦手です・・・。(-_-;)

わたしは、ものごとを深く考えたり、本を読むのが好きだし、得意なほうです。楽しくて楽しくて仕方ありません。
しかし、深く考えたり、ぶあつい本を読むことが、すっごく苦痛だという人も多いのではないでしょうか。


それと同じようなもので、、、ほとんどの人にとっては、PTAのお仕事は、そんなには苦痛ではないかもしれません。「そんなに大変じゃないよ」と思われる方も多いと思います。私自身も、実際、なにかの委員くらいなら、作業自体は、そんなに大変ではないと思っています。(学校にもよるけど)


しかし、ほとんどの人にとって、楽々できるようなことでも、すっごく苦痛にかんじる方も、いて当然なんです。

そこは、わかってください。(・ω・)/





あるていど難しいビジネス書や専門書を、一日一冊、平気で読んでいってしまう人もいます。その人にとっては、楽々できることですが、ほかの人には、無理ですよね?

できないことはないかもしれませんが、かなり、苦痛をかんじることです。

だから、自分にとっては、それほど大変じゃないことでも、すっごく大変に感じる人は、大勢の中には必ずいるということは、自覚してほしいのです。


それよりも、長所伸展な方法に、考え方を切り替えませんか?

ピアノが弾けない人に、一から練習させるより、ピアノが好きな人にピアノのお仕事をまわしたほうが、いいですよね。
本が苦手な人に調査的なお仕事をやらせるより、本が好きで好きでしょうがない人に、そういうお仕事をまわしたほうが、いいですよね。

それぞれの苦手分野をやることは、すっごく効率悪いです。その人自身も、楽しくありません。周りの人も、みてて、イライラしたり、罪悪感をもったりするでしょう。


それぞれの好きなこと・得意分野を活かして、それぞれの人が、なんらかの社会貢献的な活動(PTAに限らない)ができたら、最高に楽しそうですね。(^-^)o
きっと、すごく、いい社会ができるでしょうね~。

子供の教育面からみても、すばらしいのではないでしょうか。(^-^)v

それには、お互いの意見・能力・考え方を尊重しあって、協力していく姿勢が大事なのでしょう。(´∀`人)・:*:・♪


テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育


QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

特集

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。