PTAについて深く考えてみた~~
PTA関連で調べて深く考えてみたことを、つれづれ書きます~~できるだけ穏やかに(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAは必要なもの?
世の中の多くの人は、PTAという団体のことを、次のように認識されているようです。(・ω・)/


「絶対に、必要なものだ。」

「とにかく、重要な団体だ。」

「必要とか、必要ないとか、そんなこと考えたこともない。
 いわば、あって、あたりまえのものだという認識だ。」

「学校や地域に貢献するためにも、なくてはならないものだ。」



いまや、全国に普及したテレビや携帯電話のように、とにかく、「あってアタリマエ。無いといろいろ不便だし困るんじゃないかな。」と思い込んでいる人がほとんどでしょう~。(^-^)o



しかし、実際はどうかというと、、、



○ 別に、無くてもいいもの。
○ 無かったら無かったで、なんとかなるようなもの。
○ 無いほうが、かえって、メリットが大きいかもしれないようなもの。

ではないでしょうか。(・ω・)/



テレビや、携帯電話と、同じように、、

必要と思い込んでいるけど、よく考えるとあんまり必要じゃないものって、案外、多いんじゃないかという気がします。(-_-;)



実際、全国には、PTAが無くても、うまくいっている学校もあるようです。。それどころか、PTAが無いほうが、うまくいっていると表現してもいいかもしれません。


「作らない」も選択肢 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20080402us41.htm


この記事によりますと、東京都西東京市立けやき小学校には、PTAがなく、それでも、うまくいっているそうです。安全の面から、子供の登下校を補佐する地区委員会だけは在るのですが、それで十分だと私も感じます。地区委員会だけなら、保護者の負担もグッと軽減できます。

負担が軽いほうが、役員の押し付け合いがなくて、保護者間がギクシャクせず、かえって仲良くなれるかもしれません。(^-^)v

じっさい、この記事の中で、こうあります。
(転載貼り付け始め)
3月までけやき小校長だった児玉健二さん(60)は、統合前の小学校の教頭時代、嫌々役員を引き受ける保護者を見ており、PTA設置を強く働きかけなかった。その後も、保護者から設置の要望が強く出ることはない。

 保護者の支援が必要な時は担任が学級便りなどで呼びかける。月1回の全授業公開で保護者同士の交流もある。「PTAがなくても学校運営に支障はない。保護者に何度も足を運ばせる手間をかけなくてよかった」と児玉さん。
(転載貼り付け終わり)

また、2008年3月にPTAの廃止をした杉並区立和田中学校の例もあります。


というより、PTAは、前提が「学校の付属品ではなく、ちゃんとした独立団体」(新くらしの法律相談ハンドブック 自由法曹団編 旬報社 を参照のこと)なんです。学校とPTAは、お互いに協力することはあるだろうけど、それぞれ、独立した存在です。本来は、お互いに依存しあってる関係ではないんですね。というより、じつは、依存しあってはいけない関係なんです。(現実は、かなり、依存しあっている関係のところが多いけれども。)ですから、学校生活を営む上で、PTAは必要というわけではないのです。


しかし、「PTAがあるほうがいい」「PTAがなかったら苦労する」とおっしゃる学校も、保護者の方も、たくさんいらっしゃるでしょう。
いろんな価値観があります。それぞれの価値観を尊重していくのがいいと思うのです。それぞれの価値観を尊重していくための、、「任意加入」なのだと思います。




「あったほうがいい。」のかもしれない。が、「なくても、いい。」ということは、知っておいてください。



PTAがなくても、(ないからこそ)うまくいっている学校というものが存在するということは、PTAは必要ない、なくてもいいということなんです。



この認識は、非常に重要です。「なくてはならない」と考える人や、PTA活動を重荷に感じている人の、心の負担を軽減してくれるからです。

逆にいうと、「なくてはならない」という考え方にとらわれているからこそ、「任意加入」を隠したがるようになってしまうのですね。「任意加入を明言化したら、、会員数が減り、活動が縮小してしまうのでは?」と考えてしまうので、任意加入の明言化を避けたがるようになります。どうあっても、強制加入の形にしておきたくなるのですね。ですから、まず、「なくてはならない」という既成概念を、はずしていただきたいのです。(・ω・)/



ただ、誤解しないでほしいのは、

「必要ない」から、「なくしたほうがいい」と、いいたいわけではないこと。



趣味というもの全般は、別に必要はありません。おいしい料理も、別に必要はありません。必要最低限の栄養がとれれば生きていけるのだから。

だけど、趣味も、おいしい料理も、あったほうが、心が豊かになりますよね。(^-^)o



必要ではなくても、心が豊かになることは、大いに歓迎したいものです。(^-^)o



特に、教育分野では、心が豊かになることは、大事でしょう。p(^-^)q




PTAも、心が豊かになるような、心が温まるような団体になってほしいものです。
いまのPTAは、たしかに心が温まる部分もあるけれども、心が寒くなる部分の方が大きく感じます。


正直、今のPTAの多くは、必要でもないし、ないほうがいいのでは? と思います。
心が豊かになることより、心がギクシャクするようなことが多くみられるからです。(^-^;)


『みんなのPTAを探して』 ブログ版: 第17回 見習うべき先駆者たちの活動を紹介!
http://minnanopta.seesaa.net/article/83899822.html

に見られるような、温かい団体を目指したいものです。

心が豊かになるような、温かい団体ならば、必要なものでなくても、多くの人に支持され、歓迎されるでしょう。


今の形のPTAは、正直、支持できませんが、心が豊かに温かくなれるようなPTAならば、私も喜んで入りましょう。(*^▽^*)



*追記*

こんなことを書いていますが、わたしは「PTA不要論者」ではありません。
本音でいえば、PTAには、世の中に必要と思われる活動もいくつかあるのです。ただ、現状では、わたしが必要・大事と思うような活動はあんまり行われていません。今のPTAはあったとしても、必要・大事と思われるような活動は、どうせなされていない。なら、「今の形のPTAは必要ないんじゃない? ほんとは、必要・大事な活動はいくつもあるとは思っているけど。」というのが、正確な本音です。

まあ、単に価値観の違いなだけかもしれませんが。




スポンサーサイト


QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

特集

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。