PTAについて深く考えてみた~~
PTA関連で調べて深く考えてみたことを、つれづれ書きます~~できるだけ穏やかに(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAは掃除当番か? 部活動か?
「PTAの仕事から逃げようとするのは、掃除当番をさぼるようなもの。」

という言葉があります。

つまり、「掃除当番は必要な仕事だから、みんなイヤイヤだけどやっている。それなのに、そういう仕事をさぼるのはずるい。PTAの仕事から逃げるのもそれと同じようにずるい。」ということなのでしょう。(^-^;)


たしかに、掃除当番というのは、必要なものです。(^-^)o

掃除しなくても、なかなか、死にはしません。そういう意味では、「絶対必要」というわけではありません。それでも、見た目、衛生面、気持ちよく授業を受けるためには、やっぱり、ある程度は、必要ですね。掃除というお仕事内容は、教育面でも、なかなか好ましいように思われます。(^-^)o

掃除がない学校というのは、聞いたことがありません。たとえ、清掃員さんが掃除をされている学校でも、生徒がやっている学校でも、ちゃんと誰かが掃除をしているわけです。掃除当番というのは、必要なのだとおもいます。


では、PTAの活動は、掃除当番ほどに、必要性のあるものなのでしょうか?

色々調べたり、考えたりしましたが、どうも、それほど必要性のあるものではないようです。
(実際は、掃除当番くらい必要性のある活動(保護者の学びの場・心開ける話し合いの場など)もあると思うのですが、そういう活動はなぜか軽視されています。)

PTAのない学校というのも、実際あります。

それでも、非常にうまくまわっているようです。


もちろん、PTAがあったほうがいいという方も、いらっしゃるでしょう。

しかし、掃除当番のようなものではない。必要なものではないということです。


いわば、PTAは掃除当番ではなく、部活動のようなものであると思われます。

いろんな部活があっていいし、それぞれやりたい人が、やりたい部活にはいればいい。帰宅部の人もいていい。

そこでは当然、帰宅部の人に対して、「ずるい」など言う人もいません。
文化祭のとき、「吹奏楽部の演奏を、帰宅部の人は聞いちゃダメ」なんて言う人もいません。


それぞれの人が、それぞれ、やりたいことを楽しく、気楽にやっているだけだからです。


そこには、本当の自主独立精神と、無条件の奉仕の精神があります。


本来、PTAは、そういう楽しく、素晴らしいものなのだと思います。


どっちかというと、部活・サークル方式にしたほうが、「気負い」がとれて、身軽に、PTAが本来必要とされている(と私が考えている)活動ができるのでは? と考えています。

掃除当番方式の今のほうが、PTAが本来必要とされている(と私が考えている)活動ができてないんですよね~。

不思議な話です。(^-^;)
スポンサーサイト


QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

特集

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。